東部地区   


『音と光と食の町』として売り出そうとしている浜松地方は、関東、関西の文化の接点、かつ混在している静岡県の中でも地理的に当然ですが、西の影響を色濃く受けている地方です。西と言っても京都など関西ではなく、特に名古屋方面、中京文化の影響を受けているといってもいいかもしれません。食の点で、調味料ひとつをとってみても、たまり醤油や八丁味噌がよく使われているなど、静岡県のほかの地域、東部・中部地方と明らかに違っています。味覚の点全体を見渡しても、中京の影響を色濃く受けていると言ってもいいでしょう。
さて、浜松地方の食を語るのに、浜名湖の存在を忘れることはできません。浜松地方が、食の上で全国に名を高めているのは、浜名湖という、いわば巨大な天然の養殖場を持っていることです。根強いファンがある浜名湖でとれるドウマン蟹は「幻」ともいえ、近年では、捕獲量も激減し大変高価なものになってしまいましたが、その美味の点では特筆ものです。他にも、浜名湖でとれる魚類・貝類の豊富さ、新鮮さを浜松地方は「リアルタイム」で味わうことができる実にうらやましい土地であります。野に目を転じれば、三方ヶ原をはじめ、その近郊でとれる野菜、果物を加えて、浜松地方が、「食の町」であることを実感させるのです。
ところで、浜松といえば、殆どの方々が、「うなぎ」「すっぽん」を食材としてあげられます。浜松地方は、全国有数のうなぎ料理を看板にしている名店が数多くあります。
すっぽんはその質の良さは日本一ですが、この地方では、まだうなぎほどには普及していなかったようです。この質の高い「すっぽん」に注目して、浜松地方の料理店は、最近すっぽん料理に力を入れているようです。全国的にもまだまだ認知されていない浜松地方の美食として、「浜松にすっぽん料理あり」とアピールを始めています。
また、一般の消費者の皆様に料理店をあらためて認識していただき、よりかわいがっていただこうと、浜松の料理店が共通商品券を発売され、大変評判のようです。聞くところによると、ゴルフの景品や、お中元、お歳暮などの季節のご挨拶に、結婚式の引き出物にと、地元の皆さんに重宝に使われているとか。こんなサービスにも浜松の料理店の意気込みが感じられます。また、訪れたことがない料理店は敷居が高いと思われていた方にも、この共通商品券は新たに料理店を知るきっかけとして、利用価値があるのではと考えております。