東部地区   


船上でとれた鰹をたたき、味噌を溶かした氷水に入れて「ガワガワ」とかき混ぜて食べることから名付けられた、一種の冷や汁「ガワ料理」は御前崎地方の郷土料理として有名です。他に、生の太刀魚を梅酢につけて食べる料理もあって、口に入れるとトロッととろけるようで、大変美味しいものです。また、海岸でとれる「カジメ」のとろろ風和えもなかなかなもので、新鮮な魚類、貝類が手に入る土地故の料理です。 それに、海岸線の砂地を利用した作物。たとえば、落花生ですが、富士地方ではゆでて食べますが、この地方では大豆の代わりとして煮豆にすることがあり、なかなか面白い食べ方です。
焼津は全国的に有名な遠洋漁業の基地で鮪や鰹の水揚げが盛んですが、その為でしょうか、このあたりでは鮪や鰹という「赤身」の刺身が良く好まれ、鮪でなければ刺身でないという程です。「鰹のへそ」「塩辛」など、珍味として良く食卓に上がります。
甘鯛の干物、「興津鯛」は、大井川河口あたりで良く捕れたところから生まれ、江戸時代、田中城主が将軍家に献上する習わしになっていたほど、この地方でも有名な干物です。
志田榛原地方は、豊かな食材が得られる海が近い地区ですが、同時に山間部もあって野山でとれる食材も豊かなところです。
岡部は「おかべとうふ」が有名なことから、豆腐料理が供されますが筍やわらびなどの春の香り一杯の食材も有名です。筍料理を出される料理店があるのは当然のことです。又、蜂の子飯は、この辺りの珍味で、山間部の食材の代表といえるのかも知れません。
東西文化の情報をもたらしてくれる、東海道は、主に山間部のふもとを通るので、昔から、街道を行き来する旅人を相手にこの地方独特の料理を提供してきました。たとえば、藤枝瀬戸川あたりで売られていた染飯です。
「東海道名所図会」に「名物染飯、瀬戸村の茶店に売る也。強飯を山梔子(くちなし)にて染めそれを摺り潰し、小判形に薄く干乾して売る也。」と紹介されています。
掛川地方では、山梔子で染めた強飯(おこわ)を黄飯といって、黒豆を入れて、慶事などに赤飯と共に使われていますから、山梔子で染めた強飯の類は、広く作られていたと思われます。
藤枝には、「ほととぎす漬」と言う涙が出るほど辛い白瓜の漬け物があったようです。
金谷あたりに来ますと、昔から「おでん」が有名です。珍しい食材や料理が今も残っていて、探すのが楽しい土地です。東海道筋というあらゆる情報の流れ込みやすい地方でありながら、以外に個性的な郷土料理があるのが、この地方です。
先年、掛川城を再建した祭、地元の人たちが地元の産品だけを使い、こだわりを持った料理の月見の宴をされ、ちょっとした評判になりました。掛川ばかりでなく、この地方の料理店は、それぞれ、「こだわり」をもって精進しているように見受けられます。