東部地区   


伊豆を含め、富士川以東の静岡県東部地方は、富士山・箱根山・天城山等の山の幸、相模湾・駿河湾の海の幸、富士山の湧水の恵みにより、豊かな食材を誇っています。伊豆では、天城産山葵、そのわさびの茎を使った「くきの三杯酢」、「筍のさしみ梅酢添え」、土肥の天草を使った「ところてん」、下田の郷土料理「いけんだ煮」、熱海七尾の「たくわん漬け」、松崎の「桜葉の漬け」等、全国に名を知られたものもあります。
熱海の旅館ホテルでは、相模湾で採れる「あわび」「さざえ」等の磯物、金目鯛を使った料理が供され、海岸に沿って下田まで続く干物街道も有名です。
三島では、箱根西麓で採れる大根・人参・牛蒡・里芋は古よりの産物で、名物には芋田楽がありました。最近では、三島に来たら「うなぎ」と言われるほどうなぎ料理が注目されていますが、これは富士の湧水で、うなぎの泥臭さを抜いて身質の軽さを引き出した料理店の地道な努力の賜物といえるでしょう。「うなぎの白焼」を天城の山葵で食す・・・・これは至福の味です。
沼津と言えば、「あじの干物」と言われるほどですが、内浦のイワシの丸干し、醤油干しも忘れがたい味です。又、沼津港に入る近海物の魚類、駿河湾産のイカ、カニ類、それらの豊かな食材を使った料理は絶品です。
富士山の湧水は吉原、富士、富士宮地区にも恵みをもたらしています。湧水を利用した鱒の養殖がその一つで、富士宮あたりではこの鱒を使った料理が多くなっているようです。この地方は又、清らかな水で栽培される「セリ」「水かけ葉」等の野菜にも見るべき物が多く、「せりそば」も香りの高い素晴らしい物です。さらに、火山灰で作られた落花生を完熟しないうちに収穫し、茹でたてを食べると、止められないおいしさです。
初秋の頃、富士山はきのこ狩りの人々で賑わいます。秋の冷気に従って山の上の方からきのこが顔を出し、だんだん里にも出てくるようになると、地元の人は、「きのこが山を下ってくる」と親しみを込めて待っているようです。また、地元ではきのこの消毒し(?)に、秋茄子を少し刻んで入れる習慣があったそうです。甲斐の影響からか、「ほうとう」を作る家も多く、きのこと茄子の入ったそばうどんの汁は他の地方では味わうことのない独特の物と言ってもいいかも知れません。
一口に東部地方と言っても、伊豆、熱海、三島、沼津、富士とそれぞれの地区により異なった土地柄と、その土地柄にあった食材や料理が発達していると思われます。しかし、この地方が、素晴らしい食材の宝庫であり、広大なグルメゾーンであることは確かです。